きれいすぎる海

読売新聞ニュースの門で、海の栄養について議論され始めた記事が掲載されていました。
きれいな海と豊かな海の相違、無機化学のごみで汚い海と分解醗酵する海由来の有機物による栄養豊かな海。年間数十億トンの栄養素がアムール川から供給されるオホーツク海の豊さ。

発電・砂防各種ダムもそろそろ議論の対象になるのか・・・・?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください