北前船 明治維新で役割

北海道新聞に北前船の役割のお話が載っていました。昆布の歴史的役目大変興味深い内容です。

北前船の主要な運搬品は、上りは田植え時期の東北地区に必携の身欠き鰊をはじめ敦賀・舞鶴のコンブ問屋へ干しホタテ、干しナマコ、スルメイカ。干し数の子昆布は鹿児島・沖縄を経由して国外中国まで運ばれていました。また、北海道方面への下りは航路には富山の薬売りがあったそうです。

北海道地区での開催時には是非、増毛町からも参加したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください