群来の海中映像

4月17日、ニシンの群来があった増毛町別苅オタルマナイ浜に調査チームの水中カメラが入りました。
産卵から一週間目の4月23日撮影です。当日は水温7度、留萌振興局水産関係者・増毛漁組職員かの見守る中、水中をのぞき込むと、おびただしく沢山の受精卵が海藻(スギモク)に付着して波に揺れている映像が撮れました。

孵化予定日は5月5日の子どもの日です。なんとおめでたい日に。全部オスという事はないでご安心を。
なお、本映像の提供は増毛漁業協同組合、撮影はヤグチダイバーの高階琢也氏です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください