海洋の二酸化炭素吸収量

新日鐵住金㈱のシーラボで、海洋二酸化炭素吸収量の計算を北海道大学室蘭臨海試験場本村先生の愛弟子、小杉知佳女史が中心で行われています、詳しくは日刊産業新聞にて。

日刊産業新聞

小杉女史は増毛町阿分の水槽でもコンブの試験もされていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください