泊村海岸に藻場造成

増毛漁組の藻場再生技術が泊海岸でも応用されることになりました。
去る11月19日、古宇郡漁協が管轄する泊村の海岸に、鉄鋼スラグをベースとした施肥材を埋設する工事が行われました。

当日は泊村村長をはじめ古宇郡漁組組合長が視察する中、増毛でも活躍しているヤグチダイバーズが中心とになり作業が進められました。

DCIM100MEDIADJI_0073.JPG

来春の昆布生育に期待が持てます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください