木古内町海岸にも藻場造成

先月の泊村海岸に続き、道南木古内町海岸にも、増毛の藻場再生技術が導入され、12月1日・2日に作業が行われました。
木古内町上磯郡漁協の釜谷漁港に隣接する海岸に鉄鋼スラグをベースとした施肥材を埋設。

作業は、いつものヤグチのメンバーと、最初から増毛の藻場再生事業に携わっていた日本製鉄(株)らのチャーターメンバーが揃いました。

この模様は、北海道新聞地方版に掲載されました。詳しくは紙面をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください