20年目の新たな試み漁業者も積極参加

増毛漁組の藻場再生事業への取組は20年目を既に経過しました。
今年度は堀増毛町長の提案で新しい施肥基材を使用し、設置方式も工夫しながら進めました。
また、今回は漁業者も積極参加しています。

まず、ヤードでバックホーを使って施肥材を撹拌し熟成、熟期を見計らってこれを袋詰めします。

袋詰めした基材は、漁業者によって船に搭載され、推奨海域へ自分たちで海に投入しました。

以前から水中設置されているタートルブロックの中にめがけて基材袋を入れてみました。
水中動画はこちら(増毛漁組阿分実行組合代表、田辺康光氏撮影)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください