泊海岸藻場再生工事

11月21日、積丹半島の泊海岸で行われてた藻場再生事業の工事を増毛の相馬氏が見学しました。

相馬氏は増毛町藻場再生事業を最初から見つめてきた名人物。

泊漁組の泊海岸では数年前から増毛漁組と同様の施工方式で、海岸の藻場再生を行っていて、その実施する藻場繁茂海域は年々広がり、成果も確認されています。

泊漁組は時化が続く合間の11月21日、波打ち際に施肥袋を埋設する工事を実施。

工事は地元ヤグチダイバーの高階所長他3名で午前9時より開始され、池森泊漁協組合長や泊村関係者、日鉄総研堤氏、全国水産技術協会笠原氏らが立会い、予定通り終了しました。

立ち会った相馬氏は、泊村の熱意ある取り組みに関心し、増毛でも一層の藻場再生取り組みの必要性を感じたということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください