サケから環境問題を考える論客

m2009-04-29-1UPする季節はチョツト外れているとお思いでしょうが、シャケの子供たちが長い旅に出発しました。秋に産み出されたサケは孵化して稚魚となり、増毛町の子供たちも手伝って、稚魚たちの放流がなされています。 毎年秋には暑寒別岳・暑寒別川の恵みでサケの溯上でにぎわいますが、何時までもこの光景が続きますように。
m2009-04-29-21
さて、サケを題材に環境問題を考える二人の論客を紹介します。

武田邦彦先生 シリーズ
 武田先生のブログは幅広いです。その内から「命は続いている(6)人間より偉いものたち-2サケを調べてみよう」です。
http://takedanet.com/2009/04/post_bb51.html

アウトドアライター 天野礼子 女史
「サケが森に教えること」紋別市での記念事業講演より
http://www.uranus.dti.ne.jp/~amago/text/kouen-hokkaidou/sakegamorini.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください