新聞・ネット記事」カテゴリーアーカイブ

重要な研究

 独立行政法人水産総合研究センター東北区水産研究所、生態系動態グループの紹介ページです。
 グループ長である斉藤宏明先生の研究の一部は、過去にも当ブログで「鉄が海洋生態系に与える影響」をご紹介させて頂きましたが、他にも興味深い研究が多数あります。

詳しくは公式ホームページでご覧ください。

http://tnfri.fra.affrc.go.jp/sosiki/kakubu/group/web_seikan/seikan_home.html

磯焼け対策連絡会議公式報告

平成25年1月18日開催された平成24年度北海道磯焼け対策連絡会議の北海道水産林務部水産振興課研究普及グループ公式報告がアップされています。

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/ssk/isokaigi.htm

大変興味深い報告内容です、是非ご覧ください。

春の増毛の海、海中映像も近々UPします。お楽しみに。

増毛沖ニシン今期の初漁

日刊留萌に増毛漁組のニシンの大漁のニースが載っています。2月11日今期ニシン第一陣のご到着。早速刺身と塩焼きで頂きました。お婆さんは切り込みの仕込み。数の子もまずまずの大きさ。
 ニシンが来ると、古き魚文化が開花し、増毛町民はワクワクします。

moba2013-02-26-1

ニシンの群来

道新のニシンの群来ニース2件UPします。1月25日と2月3日の小樽祝津漁港と忍路周辺沿岸(ヘリコプターからの貴重な映像)の群来のニースです、
石狩湾のニシン漁も順調のようでし、増毛沿岸の漁もそろそろ始まります。増毛での豊漁と群来が観られ事を期待しましょう。干潮の曇り日和に期待が大です。

moba2013-02-15-1

moba2013-02-15-2

畠山氏と安倍昭恵さん対談

moba2012-12-26-1このブログに何度も登場する畠山重篤氏。雑誌「歴史通」に連載記事「日本汽水紀行」が載っていましたが、1月号では次期首相の安倍晋三氏の奥さんである昭恵夫人との対談も載っております。歴史通 2013年 01月号 [雑誌]

 記事では増毛など出てきませんが、これまでこのブログで紹介してきた海と鉄の関係が分かりやすく書かれておりますので、是非お読みください。

エコプロダクツ展に海の森づくり出展

 moba2012-12-04-2日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2012」が、12月13日~15日東京ビックサイトで開かれますが、新日鉄住金グループが、今年も海の森づくりのカテゴリーにて鉄鋼スラグ製品であるビバリーユニットを展示すします。

http://eco-pro.biz/ecopro2012/events/E1000.php?id=10442
ご興味ある方は、是非ご来場を。

アムール川の研究

 北海道新聞10月14日の「にちょう特集」で、日中ロ蒙の研究グループが一堂に会した記事が
特集されていました。
 アムール川について話し合いが持たれ、日本からは北大低温科学研究所のチームが参加しています。会合にはアムール川から流れ出る鉄の議論もあったようです。
詳しくは記事をご一読ください。
moba2012-11-05-1

森・川・海の連携

 農林水産環境の機関誌「ぐりーん&らいふ」の秋号(通巻第123号)に東京大学名誉教授太田猛彦氏の記事が掲載されていました。「森・川・海の連携」運動の歴史が良く分かる内容です。当ブログでお馴染みの畠山重篤氏・松永勝彦氏も登場しています。

 詳しいお話は大田先生の最近の著書「森林飽和―国土の変貌を考える (NHKブックス No.1193)」NHKブックスで玉石混淆の議論をお楽しみください。
moba2012-11-03-1

妹分?は最近注目の的

 北海道新聞10月10日版に寿都町の磯焼け対策事業が掲載されていましたのでアップします。
 増毛漁組の経験した成果をシッカリ実施する、賢い妹分?です。困ったときは何時でも姉貴分?の増毛町へいらっしゃい。増毛漁組は昔、アワビの母貝を寿都漁組から供給してもらい大変お世話になりましたから。
藻場再生事業は、どの地域にとっても重要課題ですからお互い頑張りましょう。

 余談ですが、寿都町の温泉大谷会館の大将のおいしい料理たべて、綺麗な若女将にお会いしたいな。

moba2012-10-13-1

昆布の匠達

moba2012-09-01-1水産北海道の主力の一つコンブ。世界の料理人が注目の品。
 そのコンブの主力産地である北海道沿岸各地より、昆布の匠を紹介特集した小誌が北海道昆布普及協議会より発行されました。
 14ページの内、表紙と櫻庭ぎょれん会長のご挨拶をアップします、全編ご希望の方は協議会事務局の北海道ぎょれん営業企画部・小川仁氏へご連絡ください。
 資源の管理・伝統の漁法・乾燥の技術ほか大変勉強になります。

表紙
櫻庭氏挨拶

ニシン資源復興

moba2012-08-22-1北海道栽培漁業振興公社の機関誌「育てる漁業」NO.457浜のトピックスで、ひやま地域ニシン復興対策協議会の
活動が特集されていました。
 末尾に重点課題が3点その中に産卵藻場造成が挙げられています。最近の増毛藻場再生試験区の水中映像よく見ると、魚種は不明ですが偶然稚魚がよく映ります。時化にも耐えられる水中の固定カメラも面白いかもです。

畠山氏「ぐりーん&ライフ」に掲載

 当藻場再生事業の大師匠畠山重篤氏の最近のご活躍ぶりが農林水産系統季刊誌「ぐりーん&らいふ」122号に掲載されていました。今年は国際森林年。その「フォレスト・ヒーローズ」に選ばれた氏の運動が詳しく理解できます。
 その畠山氏今年10月25日東京は明治神宮記念館で国際協同組合大会での記念講演も行われます。

moba2012-08-19-1 moba2012-08-19-2

moba2012-08-19-3 moba2012-08-19-4

増毛人にとってお魚とは・・・

 郷土増毛にとって、魚はあって当然。魚はたいして贅沢な食べ物ではない。しかし、生活様式が変化する中、増毛のスーパーでは肉が沢山売れている。魚はわざわざ「買う」ものではなく「もらう」ものととらえている人もあろうか。
 先月号のJRフリー誌にお魚に関するエッセイが載っていましたので、アップしておきます。
 もっともっとお魚を食べよう。
moba2012-08-05-1 moba2012-08-05-2 moba2012-08-05-3

海鮮俱楽部 加藤社長

moba2012-04-03-1函館は上ノ国のナマコ博士加藤社長の記事が道新に載っていますした。
以前より益して事業拡大し、取水・採種・餌次々と難問を解決して成功にこぎつけた加藤社長のご努力に敬服いたします。
 増毛の藻場再生技術もチョットはお役に立てて光栄です。日本漁業の老舗南氷洋の大洋漁業・北洋の日露とのジョイント、沿岸養殖のエースに昇格期待してます。