橘湾中央漁協と海守

記事は去年12月とやや古いですが、長崎県でも鉄分供給による藻場再生実験を開始した記事が掲載されましたのでアップします。

moba2012-01-24-1

moba2012-01-24-2

※海守とは・・・
日本財団が(財)が海上保安協会や海上保安庁と協力して民間人による広域ボランティア活動である『海守』を設立しました。海上保安庁への情報提供や、海洋環境保全活動など「きれいで、安全で、豊か」な日本の海を守るためにさまざまな活動しています。
HPはこちらhttp://www.umimori.jp/pc/index.html

先進のその先へ

 水産北海道2012年新春号に増毛漁組が取り組んだハタハタ資源回復の記事が掲載されています。㈱エコ二クスと寒地土木研究所との共同研究に当組合も協力しています。これまで紹介してきた施肥事業での藻場再生技術が完成するまでの資源回復の一つの方法です。
 詳しい内容は鈴木敦吉記者の取材記事をご一読ください。
 施肥基材を注入したブロックその上に人工海藻の設置、挑戦の価値ありと思います。
moba2012-01-16-1

moba2012-01-16-2

moba2012-01-16-3

 ニュースとしては遅くなりましたが昨年秋の増毛漁組の舎熊藻場再生試験海域沖でのハタハタ漁で久々の大型魚の水揚げの記事もアップします。この海域では5年前の藻場再生工事の翌年、海中調査でコンブの中から突然現れたハタハタ稚魚の群れが写った写真を思い出しました。

moba2012-01-16-4

ニシン漁解禁せまる

 2012_1_11道新日本海北部沿岸のニシン漁は、1月10日小樽沿岸がすでに解禁されました。この漁模様の記事が11日の道新一面に掲載されていました。一尾350gを超える大型のニシン揚がったようです。
 増毛沿岸の解禁日は1月15日。ほんとうに待ち遠しいですね。
 現在、増毛漁組ニシン漁師の匠とニシンプレゼント企画を検討中です。詳細は近日中に当ブログでご案内予定です。お楽しみに。

新春コンブの森より海中映像

moba2012-01-08-1増毛漁組藻場再生舎熊試験区のコンブの森より海中ハイビジョン映像をお楽しみください。撮影した1月8日午前11時は曇り、外気温-2.3℃、水温4.4℃でした。コンブ以外の海藻も多数で、岩のりが多かったです。石が大変滑りやすく、歩くと転びそうでした。また、海藻を食べるツブ類の多い事も驚きです。それでも海藻たちは元気にびっしりユサユサと波にたなびいていました。早くコンブの子どたちと会いたいものです。

それではしばし辰年である新年の竜宮の世界へご招待します。

北海道磯焼け対策連絡協議会23年度開催予定

北海道磯焼け対策連絡協議会23年度会議が平成24年1月20日(金)札幌で開催されます。今回の基調講演は昨年増毛の藻場再生試験区を視察いたしました東北大学の吾妻行雄先生です。その後引き続き美国・神恵内・上ノ国の取り組みなどの報告が予定されているようです。
 詳しくは北海道水産林務部水産振興課研究普及グループをご覧ください。
 増毛漁組・新日鉄㈱チームの報告は今回ありませんが、会議には構成員として出席しますので、内容報告及び関連記事は後日UP致します。

 今年の元旦は快晴・凪で最高のコンデションでした。舎熊藻場再生試験区の海中より新春のご挨拶を申し上げる予定でしたが、前日のおとそが抜けず、新年のご挨拶が出来ず失礼いたしました。近日中に初春の海中の様子を報告致します。

新機材で水中撮影

1ヶ月ぐらい前に入手した水中撮影用機材
moba2011-12-26-1
VIO POV.HD

 当方の使い勝手に手作りしました。

moba2011-12-26-2
冬の増毛の海では悪天候が多く撮影チャンスがやっとでも厳しい。
でもこの寒い海でもコンブのお母さん(80cm位)は頑張っていました。新しい芽は石についているかもしれません。
今回は初撮影ですがだんだん上手くなりますのでお楽しみに。

ますます森は海の恋人

去年の東京大学の全学ゼミナールに参加された東京大学先端科学技術研究センター特任研究員の松本真由美さんが、宮城の畠山重篤さんを訪ねたようです。

松本真由美のエコ教科書

地震、津波の災難の中、それでも前向きに乗り越えようとする畠山さんのバイタリティーに感服。増毛からも応援いたします。
また、本日放送予定NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で畠山さんが出演されるようで、こちらは必見ですね。

復興の海へ

 海岸の広い日本の漁師は全道全国みんな密接な関係を持っています。増毛沿岸の主力の一つは、ホタテ半成貝の出荷ですが、11月18日この度は3.11の震災復興に頑張っている宮城県雄勝町へホタテ貝を出荷しました。雄勝町と増毛漁組ホタテ部会とはすでに10年以上のお付き合いです。震災後、増毛町・漁組・ホタテ部会はすぐに義援見舞い金を届けたりしました。復興にも協力すべく今度は漁業への直接的支援です。
 先日、雄勝町の関係者がわざわざ来町されました。
 増毛の元気なホタテ貝は、周囲を山に囲まれた雄勝湾にお引越しです。雄勝湾はミネラル分豊富な伏流水が湾内へ流れ込むことで、大きく甘みがある高品質のホタテ貝が育つそうです。

moba2011-12-01-1 moba2011-12-01-4

moba2011-12-01-2 moba2011-12-01-3

施肥事業工事

 増毛漁業協同組合の施肥事業工事が組合員の漁船で12月2日行われました。中歌海岸でのこの事業は3年目です。今年は凪のタイミングで例年より早く作業が終了しました。
 増毛での海中施肥事業は、水産庁藻場干潟保全事業で栄養分と鉄分の添加方式です。今回も増毛町内の水産系残渣と製鋼スラグの醗酵施肥材の海中施肥を組合員の労力と漁船で行いました。
 さらに今年は昨年までの施肥箱に追加事業も試みました。施肥箱1個には240Kgの施肥材が入っていますが、追加事業は50Kgの基材入り麻袋をダイバーが海中で作業します。
moba2011-12-04-1

 海中の状況写真は後日報告します。

100年後を夢みて

 moba2011-10-22-1毎年恒例の増毛漁組植樹祭が10月22日、漁協婦人部が中心となって漁組所有林で行われました。
 まず留萌南部森林組合の渋谷部長より作業要領の説明がありその後良い天候の中、ミズナラを丁寧に植えていきました。
 今回はSTVどさんこワイドの取材を受けて作業で、皆さん緊張気味のどことなくぎこちない作業風景でした。放送予定日は11月28日(月)との事です。

 植樹の大切さと詳しいお話は宮脇昭先生のブログをご参考に。
http://www.jise.jp/top1.html

るもい体験Navi(ナビ)の体験

 moba2011-09-21-19月16日、留萌管内体験観光サイト「るもい体験navi」主催の【「るもい」がっちり体験】が増毛町で行われました。体験コースは増毛果樹の実情を知って、ジャム作りを体験し、その後、浜辺に行き問題化している磯やけの実態と藻場回復しようとする取り組みを学ぶ現地講習。今回は山と海の同時体験する贅沢な内容でした。
 今回は特別にアドバイザーとして北海道宝島旅行社の鈴木宏一郎社長と林直樹副社長も参加でいただきました。
→鈴木宏一郎さん北海道体験com「留萌・増毛の「宝物」を楽しんで来ました~♪

 14時より果樹青空教室と藻場再生プロジェクトの映像紹介とお話
 15時30分より ましけマルシェでジャム作り体験
 16時30分より 増毛漁組藻場再生試験海岸で現地体験
 18時より 鈴木・林両氏と体験観光がっちりトーク

moba2011-09-21-2

 その後の懇親会では留萌振興局・留萌市・留萌観光協会・留萌観光連盟のメンバーとのだんらんで盛り上がりました。

特集三弾目は増毛:水産北海道

 月刊誌「水産北海道8月号」の藻場再生特集は、先月の寿都・神恵内に続き第三弾で増毛が満を持して登場です。西野増毛漁組組合長や海中設置担当竹内氏、施肥基材製造担当相馬氏、そしてなぜか当ブログのディレクター仙北も掲載されてのフルキャストです。
 増毛町ではそろそろ暑寒川に鮭が遡上する季節。海から陸への栄養の移動を本能で持っている鮭は偉いです。
moba2011-09-19-1 moba2011-09-19-2

moba2011-09-19-3 moba2011-09-19-4

畠山氏「鉄は魔法使い」出版

気仙沼の漁師であるり、増毛町でも講演いただいた畠山氏がこのたび「鉄は魔法つかい 命と地球をはぐくむ「鉄」物語」という本を出版しました。
 海にとって鉄分は重要、という観点から多くの経験や研究などを小学生高学年にもわかるように解説しています。機会がありましたら、是非ご購読を。

この本は、産経新聞にも紹介されていますので、切り抜きを掲載しておきます。
moba2011-09-14-1

元のもくあみ

moba2011-09-13-2
8月6日の東京大学全学体験ゼミ増毛授業の状況が道新旭川上川版に掲載されました。8月16日の新聞記事と重複しておりますが、こちらの方が詳しく書かれています。
 小川正成記者の水中写真で、当時資源回復と藻場再生のエースとして沿岸各地に沈められたタートルブロックの現在の状況が良く分ります。やはり、コンクリートだけでは効果がなかったのでした。
 来年の今頃、小川氏自身による同じタートルブロックの水中写真をお楽しみに。増毛の海の花咲か爺さん達(増毛漁組藻場再生チーム)の腕の見せ所です。

神恵内の磯焼け対策

moba2011-09-13-1東京海洋大学藤田大介先生指導の神恵内村の藻場再生事業が8月24日の道新と水産北海道7月号に掲載されています。
 神恵内村では事業区域も増やしてガンバツテいます。手法は、私たちの取り組みとは違う角度からのアプローチで、海藻の食害を減らそうとする取り組みです。

水産北海道 2011年7月号
moba2011-09-13-3

今週中には水産北海道-鈴木敦吉記者の取材での増毛の藻場再生もUPします。

畠山重篤氏 札幌講演 報告続2

moba2011-09-04-1前回札幌の昆布協会での講演が北海道三大水産情報誌である「月刊・水産グラフ」に再度掲載されていました。
 記事の最後に記者がコメントでチクリと疑問符を打っています。松永北大名誉教授の教えを忠実に継続実施し、結果を出している増毛漁組としては言いたかった一言ですが。でも世の中、色々な考えがあっても結果、北海道は「海」が元気になり「浜」が活気付けば良いです。

東大全学ゼミ 藻場再生 水中写真も自ら

moba2011-09-02-18月6・7日増毛町舎熊海岸藻場再生試験区で、東京大学山本光夫研究室の全学ゼミが開催されました。
 今年で4年目の実施で、北海道大学福嶋正己准教授の講義もありました。現場観察には北海道新聞旭川支局報道部の小川正成記者が取材。水中写真も撮影です。
 小川記者は水中写真も自身で写す道新内でも数少ないダイバー記者です。秋の増毛漁組施肥工事にも工事状況・その後の海の変化を水中撮影し追跡取材の計画もあり、頼もしい限りです。